消費者金融の審査に必要な書類は?

どのローンをどれくらいの金額でどこの消費者金融から借り入れするかによっても若干の違いはありますが、消費者金融 限度額の審査の前に以下の3つを準備しておけば大抵の場合大丈夫だとされています。
まず不可欠な書類としてあげられるのが、本人確認書類です。これは運転免許証や保険証、パスポートといった名前や現住所、生年月日が確認できる公的書類を言います。最近ではマイナンバーカードでも可としている業者も増えているので、他に身分証明証がないばあいは利用すると良いでしょう。引っ越したばかりで新しい住所になっていないという場合は新しい住所が記載されている住民票などとセットにすると有効とされることがほとんどです。
続いて必要な書類が、保険証です。先ほども保険証と伝えましたが、それはあくまで本人を確認するための書類です。ここで言う保険証とは、勤続年数を調べるために消費者金融の審査で必要なものになります。保険証の発行年月日と入社年月日というものは一般的に一致します。もし実際の勤続年数より短くなっているという場合は、本来の入社年月日を合わせて伝えておくとより審査で有利になるでしょう。
最後に、収入が確認できる書類も消費者金融の審査において必要な場合があります。給与収入のある方は前年の源泉徴収を、もし働き始めたばかりの人は直近の給与明細などをも準備していくと審査がスムーズに進みます。自営業の方は納税証明書や収入証明書でも代用できるので、公的機関などから取り寄せておくと良いです。